資格・検定を受ける理由とは?

みなさんは資格を持っていますか。
また、資格の検定を受けたことがありますか。
わたしは、検定もたくさん受けましたし、資格も持ってます。
そんな中でさたしが、資格を持っていて得をしたことを話します。
わたしが通っていた学校は普通科ではありませんでした。
そのため、資格取得に向けての勉強などをたくさん学校でしました。
初めて受けた資格は計算技術検定というものでした。
階級は3級ということもあり、簡単に受かることができました。
そのあとも、いろいろな資格を採っていきました。
そして、高校卒業のとき就職試験を受けました。
面接官の人にまず見られたと思ったのは履歴書の資格や活動の部分でした。
やはり、企業はたくさん資格を持っている人ほど生活をきちんとしていて勉強を頑張っているという評価をしてくれるみたいです。
わたしは、難易度の高い資格はそんなにもってなかったのですがたくさんの資格を持っていたため高く評価されました。
この瞬間、資格の有利さを感じました。

Posted by on 10月 8, 2012

コメントは受け付けていません。

漢字能力検定

Read More

教養から趣味まで。万人の資格 漢字検定

自分の力やスキルを証明する、資格。
その資格にもさまざまな種類が存在し
社会の発展に伴って、さらに資格の価値も向上していっています。
その中でひときわ特徴的なものが、漢字検定。
当然、文字言葉として日常的に使う日本人には馴染み深い漢字。
別段漢字の求められない場面でも、知っていると何かとかっこいいものです。
この資格は他のスキルを求める資格とは異なり、
あっても無くても極論、困ることはないという資格。
しかし、教養をつけるための自己研磨意欲から。あるいは
先ほど言ったように、知っているとかっこいいから。という趣味をやるかのような理由で
受験する人間は毎年毎回、大多数にのぼります。

漢字検定のグレードは、小学校1年生レベルの10級から
常用漢字外のものはもちろん、漢字で書かないほうが早い。といったようなものが出る1級まで
幅広いレベルにわたります。
大学や社会では、2級から評価されることが多いみたいです。
無くてもいいが、あって困ることの無い教養。
その中でも日本人には欠かせない漢字は、是非身につけたいものですね。

Posted by on 9月 8, 2012

コメントは受け付けていません。

漢字能力検定

Read More

将来役立つ資格検定。

就職する時、高校や大学の受験をする時、少しでも合格や採用に近づけたい。そんなとき、何らかの資格を持っていると有利になると思います。資格といってもいろんなものがあります。漢字検定、PC検定などなど。でもその中で今絶対とっておくと有利な資格が英語検定だと思います。英検は高校受験の際にも少し加味してもらえたりなど、持っていて損はないものです。ぜひ、みなさんも二級、もっと頑張って一級などを目指して資格検定に挑戦してもらいたいとおもいます。今、朝活という言葉が流行っておりますが、みなさんはなにか朝活としてやっていることってありますか。朝は頭が非常によく働いている時間帯であり、勉強したりなど、自分の脳を活性化させるのに最適な時間帯です。なので、ぜひ、この朝活の時間帯を利用して英語検定の勉強をしてみてはいかがでしょうか。きっと、なにか、資格を得たとき成長した自分をみて、もっと成長したいと思ってより高いレベルの自分になれるかもしれません。ぜひやってみてください。

Posted by on 8月 8, 2012

コメントは受け付けていません。

漢字能力検定

Read More

韓国語の資格をとるための検定

わたしは小学5年生の時から韓国語の資格をとるためハングル検定を受けています。
小学5年生のときに3級をとり、小学6年生のときに準2級を受けました。
ですがその年はあと7点というところで落ちてしまい、中学になっても受けようか迷っていました。友達は誰も受けないし、受けるにしても先輩たちがいる教室で勉強しなければならなくてずっと迷っていました。でも仲の良い先輩たちが一緒に受けようと言ってきてくれて、受けようと決心をしました。それからわたしは検定試験の日まで一生懸命勉強しました。そしてとうとう試験の日がきました。わたしは試験を受け終わってからも何回も見直しました。それから少したった頃、結果が送られてきました。わたしはがっかりしました。なんとあと17点というところで落ちていたのです。先輩たちもみんな落ちていて合格者はひとりもいませんでした。わたしはもっと勉強すればよかったと後悔しました。ですから今年はもっと勉強して必ず資格をとりたいと思います。

Posted by on 7月 8, 2012

コメントは受け付けていません。

漢字能力検定

Read More

資格の漢字能力検定はこう考えて勉強しよう

みなさんは、資格の漢字検定に挑戦したことはありますか。漢字検定はたくさんの漢字を暗記して試験に望まなくてはならないないので、非常に合格するためにはたくさんの努力が必要です。僕は、小学生の頃から何回も挑戦してきて、中三の夏、やっと合格率11%足らずの資格検定の漢検二級に合格することができました。しかし、それをとるまでにも、たくさんの失敗がありました。みなさんもよくやると思うのを僕もたくさんやってきたと思います。そしてそのやり方ではダメなのです。では、漢検がすぐ簡単に受かれるような勉強法を紹介したいとおもいます。

みなさんがやると思うのは財団法人 漢字能力検定協会が出版している分厚いテキストを買って、一度もノートに書くことなく漢字を目でみて指で空中になぞって覚えた気になって試験に望む人がいると思います。これは、NGです。四級、五級あたりの簡単な試験であれば受かることがうるかもしれませんが、これでは、試験が終わったあとに忘れてしまいその上の級へとつなげられないのです。漢検は二級まで漢字はつながっています。同じ漢字が上の級のテキストにもたくさんのっています。だから、しっかりノートに書き写してノートが真っ黒になるまで勉強して定着させることで、二級まではコンスタントに合格することができると思います。ぜひためしてみてください。

Posted by on 6月 8, 2012

コメントは受け付けていません。

漢字能力検定

Read More